乾燥肌のクレンジング選び

乾燥肌のクレンジング選び

subpage01

乾燥肌の場合、毎日のお化粧落としにも工夫が必要ですね。

メイクが落ちずに肌に残ると、肌に負担となりますので、しっかり落としていかなくてはなりません。


でも、落ちすぎて肌に悪そう・・・そう思ってしまう時は、ベースメイクを落とせる乾燥肌向きのメイク落としを選びましょう。

クレンジングの乾燥肌についての総合情報ポータルサイトです。

クレンジング剤には、オイルタイプやリキッド、ジェルタイプ、クリーム・ミルク・シートタイプなど様々な種類があります。
乾燥肌の方は肌の表面が荒れている可能性がありますので、刺激の強いものを避けることがポイントです。

ここでまず、オイルタイプはオイル成分に界面活性剤が配合されたクレンジング剤です。オイル成分は肌表面の潤いも奪ってしまい、また、界面活性剤により刺激を受ける可能性があります。



もう一つ、リキッドタイプも注意が必要です。


こすらず落とせるイメージですが、メイクの油分をするっと落とせるということは、界面活性剤も多くなっているということなのです。

メイク落としの中で最も水分を多く含んでいるのがジェル状タイプのクレンジングです。

乾燥肌の人でも安心して使用できます。
そして、ミルク・クリームタイプは肌への摩擦も少なく落としていけます。



しかし、濃いメイクをしていると洗浄力の面から落とせないため、洗眼前にポイントメイクを別に落とすようにしましょう。

メイクを落とす際は、肌への摩擦が大きくならないよう、滑らせるように行いましょう。
肌表面のバリア機能を守っていくことが大切なのです。

クレンジングの特徴紹介

subpage02

肌の水分が不足してかさかさしたり、ひどくなると粉をふいたりする乾燥肌。しっかり保湿をしていても治らない方も多いようです。...

NEXT

クレンジングのみんなの常識

subpage03

乾燥肌の人の中にはオイルタイプのクレンジング剤を使用している人もいるかもしれませんが、あまりおすすめすることが出来ません。その理由としてオイルタイプはクレンジング能力が高く、化粧だけでなく肌の油分や水分まで一緒に洗い流してしまうことがあるからです。...

NEXT

クレンジングの納得の事実

subpage04

クレンジングでメイクを落とすことは美肌を保つ上でとても重要なことです。どんなに洗顔や化粧水、乳液で念入りにスキンケアをしたとしても、汚れ(化粧品によるもの)がしっかり洗えていないと、酸化してしまいます。...

NEXT

知りたいクレンジング事情

subpage04

クレンジングで乾燥肌を改善したいと考えているならば、無添加の商品を選びましょう。添加物の中には肌へ刺激になるアルコールや、洗浄力の強い合成界面活性剤が配合されているからです。...

NEXT